寝室の配色–正しい壁のペイントの色を選択して、より良い睡眠を

寝室の壁のペンキの色が休息の質に大きく影響することをご存知ですか?快適な雰囲気を提供できることに加えて、適切な寝室の塗料の色を選択すると、感情的な健康に良い影響を与えることができます。

忙しい一日の活動の後に休む場所としての主な機能を備えた寝室は、気分を害することなく、「感情的な疲労」を緩和する場所、または本を読んだりテレビを見たりする場所になります他人に邪魔された。

残念ながら、多くの人は寝室に塗るのに適した壁のペンキの色を選ぶ方法を理解していません。ほとんどの場合、選択された色は、お気に入り/お気に入りの色または白で、きれいな理由または明るい理由があります。実際、各色には異なる印象があります。正しくない色を選択すると、退屈を引き起こしたり、気分低下に影響を与えたり、使用されている色が心理的に奨励しているために休むことさえできません。

寝室の壁のペイントに推奨される寝室の配色

以下は、より落ち着いて快適に休めるように私たちが選んだベッドルームの色です。

  • ベッドルームの配色#1:緑

緑色は、より自然な部屋の印象を与えると考えられているため、部屋にポジティブな雰囲気を与えることができます。葉、草、山の雰囲気などの自然な色に関連付けられた色は、部屋の雰囲気をよりリラックスしてリラックスさせます。

リーフグリーン、ライトグリーン、またはグレーグリーンを選択します。穏やかさを引き起こすこととは別に、この壁をペイントする穏やかで目立たない色は、私が目を覚ますとき、人間の脳がより速くリフレッシュされるように刺激するのに役立ちます。その結果、より安らかな睡眠が得られ、目覚めた後の怠lazを和らげ、より新鮮で活力を感じさせます。

  • ベッドルームカラースキーム#2:青

緑に加えて、自然を表す色として青を選択できます。ライトブルー、グレーブルー、またはターコイズブルーは、まるで海の端にいるかのように連れて行ってくれます。この色によって運ばれる自然で、きれいで、明るく、そして涼しい印象はあなたの睡眠を良い感じにします。

 

緑と同じように、青で壁を塗る色の実装もポジティブな雰囲気を提供します。気分を高揚させることができる色に含まれていますが、青は冷たい印象をもたらし、より簡単に眠りに落ちることができます。

  • 寝室の配色#3:ベージュ

茶色と白の組み合わせであるベージュは、柔らかく落ち着いた色に含まれています。この色は、その中にいる人々を落ち着かせ、快適に感じさせるので、よく休むことができます。この色がゲストにくつろいでもらうためにスターホテルで広く使用されているのも不思議ではありません。

  • ベッドルームのカラースキーム#4:グレー

壁のグレーの色と木製の床を組み合わせると、暖かく快適な部屋で休息の質が向上します。ダイナミックでモダンな色に含まれていますが、寝室のペイントの色としてこの色を選択すると、広々としたきれいな印象を与えることができます。小さな寝室に適しています。

さて、あなたが選択する壁の塗料の色はどれだと思いますか?ああ、はい、寝室で快適な雰囲気を得るために、最初にすべきことは、適切な色を選択して寝室の壁の色を調整することです。印象的な色を作成したり、好ましくない印象を与えるために暗すぎる色を使用しないでください。

寝室の配色で快適な寝室を作成するためのスマートなヒント

健康に良い寝室の配色を知る前に、まず、以下の快適な寝室を作成するためのヒントを知ってください。快適な部屋には、塗料の色や適した家具の選択など、慎重に設計されたインテリアがあります。快適な部屋を作成するために適用できるいくつかのヒントを以下に示します。

  • ステップ1:

落ち着いた印象のある色を選択して、目を覚まして不眠症にならないようにします。

  • ステップ2:

部屋のサイズは実際には大きすぎませんが、広い印象を与えます。

  • ステップ3:

 

部屋のペイントの色と家具の適切な一致を選択します。すべての色に一致するニュートラル色が優れています。

  • ステップ4:

部屋に物を積みすぎないでください。機能的で部屋に必要なアイテムを選択します。

朝目覚めたとき、黄色はあなたがより熱意を持って一日を始めるのに役立ちます。この色はストレスからあなたを守ります。夜に興奮しすぎないように、最も柔らかい黄色を選択してください。

基本的に、健康に良い寝室の塗料の色に関するさらなる研究はありません。そのため、各人の色の効果は異なる場合があります。それでも、あなたが睡眠障害を経験せず、あなたの健康も妨げられないように、あなたを落ち着かせて快適にする色を選んでください。

色は味と非常に関連しているため、誰もがさまざまな選択肢を持っています。好みの色が快適な感覚を生み出す色に含まれていない場合は、他の部屋の装飾品の選択に合わせて調整してください。落ち着いた色が支配的ですが、それは部屋を活気づけることができる他の色があるべきではないという意味ではありません。だから、あなたの寝室のカラースキームの最高のバージョンを探索してお楽しみください!